住宅模型

収益物件で副収入を得る|サラリーマンでもできる投資

このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート経営のetc

住宅模型

自宅以外に一定の評価額が見込まれる不動産を所有している家庭にとって、相続税対策は頭の痛い問題であるといえます。現金や有価証券と異なり、不動産は売買や土地活用を行うのに時間がかかることから、早めに相続税対策を行うことが重要となるといわれています。相続税対策には専門的な知識が必要となることから、税の専門家である税理士に相談するのがよいといわれています。相続税対策にはいくつかの手法がありますが、不動産を所有している場合の有効な相続税対策の一つとして、アパート経営を行うという手法があります。アパート建設のための資金を借り入れすることによって、相続税の額を低く抑えることができるようになるというものです。

アパート経営は家賃収入の確保が重要なポイントとなります。近年ではアパート管理会社が長期間にわたって一括借り上げを行い家賃保証をするという手法が広まってきています。しかし、この一括借り上げ制度にも問題点があります。一括借り上げの契約期間であっても入居状況や近隣の家賃相場動向なども勘案して、当初の契約額が見直される可能性があるからです。当初見込んでいた金額で家賃保証がされない場合、結果としてアパート経営が赤字経営になってしまうというリスクがあります。相続税対策としてアパート経営を行う場合、周辺の人口動向や賃貸物件の需給動向を勘案し、一括借り上げ制度を頼るのか自分自身で管理を行うのかを事前にしっかり家族とも協議をしたうえで結論を出すことが重要となります。